つばきウイメンズクリニック

クリニックについて

業績

主な論文

低ゴナドトロピン性性腺機能低下症(MHH)による無精子症に対してhCG+r-hFSH併用療法にて
精子が産生され妻の自然妊娠に至った1例

伊木朱有美、大内茉湖、松本綾香、庵原聖未、長谷川麻理、坂井和貴、兵頭慎治、鍋田基生、岡田弘
日本受精着床学会雑誌 35(2):269-273、2018年

凍結融解後に活発に自然収縮を起こした胚盤胞は妊娠率が良好である

坂井和貴、大内茉湖、松本綾香、庵原聖未、長谷川麻理、須賀真美、鵜久森夏世、兵頭慎治、伊木朱有美、
鍋田基生
日本受精着床学会雑誌 35(1):142-144、2018年

人工授精周期の排卵前後にタイミング性交渉を行うことは妊娠率の向上につながるか

坂井和貴、庵原聖未、長谷川麻理、須賀真美、鵜久森夏世、伊木朱有美、鍋田基生
日本受精着床学会雑誌 34(1):97-100、2017年

プロテオーム解析を用いた子宮内膜症血清マーカーの開発

鍋田基生, 那波明宏
HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY. Vol.22 No.1 2015.3 19-24
メディカルレビュー社 大阪

当院における胎児不整脈(完全房室ブロック)に関する検討

近藤恵美、松原裕子、松原圭一、安岡稔晃、井上彩、内倉友香、高木香津子、田中寛希、森美妃、小泉雅江、
橋本尚、鍋田基生、松元隆、濱田雄行、藤岡徹、那波明宏
現代産婦人科、63巻2号 Page335-340、2014年

若手医師が勤務環境に望むこと

鍋田基生
産婦人科医会報付録 第67巻第1号NO.771 勤務医ニュース (2015:10-10)

Concurrent chemoradiotherapy with nedaplatin in patients with stage IIA to IVA cervical carcinoma.

Fujioka T, Yasuoka T, Koizumi M, Tanaka H, Hashimoto H, Nabeta M, Koizumi K, Matsubara Y, Hamada K, Matsubara K, Katayama T, Nawa A.
Mol Clin Oncol. 2013 Jan;1(1):165-170.

Differential expressions of toll-like receptor genes in the vagina of pregnant mice.

Takeuchi T, Yoshida M, Shimizu T, Asano A, Shimokawa T, Nabeta M, Usui T.
J Vet Med Sci. 2013;75(5):561-5.

Gene Transcriptions of Toll-Like Receptors in the Mouse Uterus during Gestation

Takeuchi T, Sugimoto Y, Asano A, Shimokawa T, Nabeta M, Usui T.
J Vet Med Sci. 2013;75(5):547-51.

Sugar expression in the mucosae of the canine uterus and vagina during the oestrous cycle and with pyometra

Y. Yasunaga, T. Takeuchi, T. Shimokawa, A. Asano, M. Nabeta, Y. Ohta
The Veterinary Journal, 196, 2013, 116–118.

Nucleated red blood cells are involved in endothelial progenitor cell proliferation
in umbilical venous blood of preeclamptic patients

Uchikura Y., Matsubara K., Matsubara Y., Mori M., Nabeta M., Hashimoto H., Fujioka T.,
Hamada K., Nawa A.
Hypertension Research in Pregnancy 2013; 1: 46-51.

妊娠初期に胎児臀部嚢胞性病変として認められた胎児仙尾部奇形腫の1例

井上彩、高木香津子、橋本尚、鍋田基生、小泉幸司、松原裕子、濱田雄行、藤岡徹、松原圭一、那波明宏
現代産婦人科、61巻2号 Page269-274、2013年6月

全腹腔鏡下子宮全摘術における縫合結紮トレーニング機器の開発

藤岡徹、安岡稔晃、髙木香津子、萩山容子、井上彩、小泉絵理、内倉友香、田中寛希、森美妃、小泉雅江、
橋本尚、小泉幸司、鍋田基生、松原裕子、濱田雄行、松原圭一、那波明宏
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 Vol.28 No.2;650-655、2012年12月

Sugar Expressions on the Vaginal Epithelium in Pregnant Mice

Youhei YASUNAGA, Takashi TAKEUCHI, Tetsuya SHIMOKAWA, Motowo NABETA, Aya MATSUU, Atsushi ASANO and Yasuhiko OHTA
The Journal of Veterinary Medical Science Vol. 74, No. 6, 2012: 805-808.

妊孕性温存治療後に排卵誘発にて双胎妊娠成立し、分娩後子宮全摘術を施行した
子宮体癌Ⅰa期の1例

小泉幸司、森美妃、鍋田基生、濱田雄行、藤岡徹、那波明宏
愛媛医学、第30巻;第4号;224-227、2011年12月

腹腔鏡下手術における子宮漿膜縫合トレーニング法の開発

安岡稔晃、藤岡徹、石丸真理子、小泉絵理、髙木香津子、森 美妃、田中寛希、橋本尚、鍋田基生、小泉幸司、
松原裕子、濱田雄行、片山富博、那波明宏
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 Vol.27 No.2;456-460、2011年12月

腹腔鏡下子宮全摘術を施行した帝王切開瘢痕部憩室の一例

小泉絵理、藤岡 徹、髙木香津子、森 美妃、小泉雅江、鍋田基生、小泉幸司、奥村みどり、清村正樹、
松原裕子、片山富博、伊藤昌春
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 Vol.27 No.2;379-384、2011年12月

系統的解析により見いだした新たな子宮内膜症診断マーカーの検討

鍋田基生、阿部康人、森 美妃、小泉幸司、草薙康城、那波明宏
愛媛医学、第30巻;第3号;162-166、2011年9月

子宮内膜症に対する新たな自己抗体性血清マーカーの開発

鍋田基生、阿部康人、伊木朱有美、佐保知織、森 美妃、小泉幸司、片山博子、濱田雄行、草薙康城、那波明宏
愛媛県産婦人科医会報、第47号;24-29、2011年8月11日

Identification of anti-Syntaxin 5 autoantibody as a novel endometriotic marker

Motowo Nabeta, Yasuhito Abe, Yuki Takaoka, Yasuki Kusanagi, Masaharu Ito
Journal of Reproductive Immunology, 2011 Sep;91(1-2):48-55.

Serum anti-PDIK1L autoantibody as a novel marker for endometriosis

Motowo Nabeta, Yasuhito Abe, Ryuma Haraguchi, Katsumi Kito, Yasuki Kusanagi, Masaharu Ito
Fertility and Sterility. Vol. 94, No. 7, December 2010 :2552-7

大網および傍大動脈領域に腫瘤を形成した異所性子宮内膜症の一例

高田治奈、小島淳美、兵頭由紀、内倉由香、鍋田基生、片山富博、藤岡徹、植田規史、伊藤昌春
現代産婦人科、第58巻;第2号;249-254、2010年3月

高等哺乳類における泌尿生殖系器官の分子発生基盤の解明

原口竜摩、山田源、鍋田基生、木藤克己、阿部康人、植田規史
愛媛医学、第28巻;第3号;127-130、2009年9月

Identification of anti-α-enolase autoantibody as a novel serum marker for endometriosis

Motowo Nabeta, Yasuhito Abe, Lisa Kagawa, Ryuma Haraguchi, Katsumi Kito, Norifumi Ueda, Atsuro Sugita, Motofumi Yokoyama, Yasuki Kusanagi, Masaharu Ito
Proteomics Clin. Appl. 2009, 3, 1201-1210 (学位取得論文)

MALDI TOF-MSを用いた新たな子宮内膜症診断マーカーの検索法

鍋田基生、阿部康人、香川里沙、木藤克己、草薙康城、横山幹文、植田規史、伊藤昌春
愛媛医学、第28巻;第1号;5-10、2009年3月

Serum autoantibody to sideroflexin 3 as a novel tumor marker for oral squamous cell carcinoma

Ryuichi Murase, Yasuhito Abe, Takashi Takeuchi, Motowo Nabeta, Yoshinori Imai, Yoshiaki Kamei, Lisa Kagawa-Miki, Norifumi Ueda, Tomoki Sumida, Hiroyuki Hamakawa and Katusmi Kito
Proteomics Clin. Appl. 2008, 2, 517-527

切迫流早産治療中に薬剤性無顆粒球症を合併した双胎妊娠

鍋田基生, 草薙康城, 小島淳美, 片山富博, 伊藤昌春
愛媛医学、第27巻;第1号;34-36、2008年3月