つばきウイメンズクリニック

診療のご案内

産科

無痛分娩

硬膜外鎮痛による無痛分娩について

当クリニックでは硬膜外鎮痛による無痛分娩を希望される患者さんに施しております。

待望の赤ちゃんと出会うために乗り越えるべき壁はたくさんありますが、その最も大きなもののひとつに出産があります。
出産は女性にしかできない尊いものであると同時に、大きな痛みを伴った体に負担のかかる行為でもあります。

そんな出産の痛みを緩和させる方法として、無痛分娩が行われる施設も増えてきました。
とはいえ、欧米に比べるとまだまだ少数派であり、四国でも実施できる施設は限られています。

出産の痛みについて

臨月になり出産の時期が近づいてくると、陣痛が起こります。
最初は生理痛のような軽い痛みから始まるのですが、次第に痛みの感覚は短く強くなっていきます。

そして、陣痛とともに子宮口は少しずつ広がっていき、子宮口につながる腟膣なども赤ちゃんが通れるような状態を作り出していきます。
このときの刺激が脊髄を通って脳に伝わることで、痛みを感じるのです。

痛みを軽減させる硬膜外鎮痛について

出産時の痛みを緩和させる方法はいくつかありますが、無痛分娩で広く使われているのが硬膜外麻酔を使った方法です。

出産時には全身が痛むのではなく、子宮や腟膣からの刺激によって痛みを感じます。
そのため、硬膜外鎮痛によって伝わる刺激をブロックし、痛みを緩和させるのです。

具体的には、陣痛が始まる前の時点で、かつ子宮口が熟化した段階(子宮の出口がある程度柔らかくなった段階)で計画的に入院します。その上でカテーテルと呼ばれる細いチューブを背中から硬膜外腔まで入れていきます。そして、徐々に麻酔薬を注入します。麻酔によって下半身全体の感覚は鈍くなりますが、足を動かしたりすることもできますし、赤ちゃんが降りてきている感覚をつかむこともできます。陣痛をおこすために陣痛誘発剤を使用することになりますが、麻酔で身体に余計な力が入らないため、陣痛誘発剤は少量で済むことが多いです。

出産はいつ始まるかわかりません。そのため、無痛分娩を望んでいたとしても、夜中や早朝時など人員が不足している時間帯であれば、安全面を考慮して対応することができないこともあります。

どのようなメリットがあるの?

麻酔で痛みをとっていきますので、多くの場合、陣痛の痛みは「お腹を押される感じ」と言われることが多いですが、軽い月経痛の痛み程度はあると言われることもあります。 自然分娩の場合、陣痛という強い痛みに耐えることで精一杯で、自らの出産や赤ちゃんと正面から向き合うことが困難なことが多いです。しかし無痛分娩の場合は痛みから解放されているため、出産直前まで冷静でいられ、感動的な出産をすることができます。感動で涙を流しながら出産される方もいらっしゃれば、ご主人と一緒に笑顔でニコニコしながら出産される方もいらっしゃいます。

通常の出産と比べると陣痛の痛みは雲泥の差があります。そのため、単に痛みを取り除くだけでなく、痛みでパニックや過呼吸を起こし、うまくいきむことができないという事態を避けられるというメリットもあります。

また、陣痛の長さは個人差がありますが、かなり長時間に渡って続くこともあります。その度に痛みに耐えながら過ごすのでは、十分な休息時間も取れないですし、体力も相当消耗します。しかし、痛みを取り除いてあげることで、最後の出産まで体力を残しておくことができ、産後の回復も早いのが特徴です。また無痛分娩では体が弛緩しているため、多くの場合、出産までの時間は短くなることが多いのもメリットのひとつと言えます。

良いことばかりに見える無痛分娩ですが、当然デメリットも存在します。

硬膜外鎮痛によって血圧低下や足のしびれが起こすこともありますし、非常に稀ではありますが、チューブの先端がくも膜下腔に入ってしまう可能性も完全には否定できません。仮にこのような状況になった場合は、適切な処置を施すことになります。

さらに、無痛分娩を希望していたとしても場合によっては実施できないこともあります。また、自然分娩よりも出産費用がかかるといった点も挙げられます。